SLAとPLAの違い

左がPLA (0.2mm pitch)、右の台にのっている方がSLA (0.05mm pitch)

違いは歴然としてSLAがきれいでしっかりとしています。

小さい複雑な造形物には、SLAを選択ください。

光造形3Dプリント

光造形の3Dプリンタを使っての出力サービスです

従来の積層型3Dプリンタとは違った、高精細な出力が可能です

積層型3Dプリンタでは、z軸が0.2mmピッチくらいなのに対して、光造形SLA 3Dプリンタでは、z軸が0.05mmピッチで積層面が見えません。つるつるです。 その分出力に時間がかかります。

高さ 120mmの立体物を出力するのに、2400回の照射をし、30秒に一回照射できたとして72000秒=20時間、かかります

白、黒、灰色、緑のレジンに紫外線を2400回照射します。

 

造形可能サイズ: 120mm(W) x 68mm(D) x 160mm(H)

 

照射は面で行いますので、120mm(W) x 68mm(D) に入るサイズであれば、複数の物体を同時出力が可能です。

1出力で、2000円(税込み)

ご注文をお待ちいたしております。

 

光造形3D出力サービスのご注文

 

真空成型サービス

VAQUFORMを使った、真空成型、真空造形サービスです。

1成型:5,000円

VAQUFORM

動画 40秒

3D物体コピーサービス

3Dスキャナを使って造形し加工修正してから 3Dプリンタで出力します。

3DproShopのショップ


630-8217  奈良県奈良市橋本町3-1-404   TEL.050-3639-8719

近鉄奈良駅から南へ8分


Google Mapで表示

ランプシェード天井型

天井にあみめ模様がくっきりと浮かび上がります。

既存のソケットはそのままにして、シェード部分だけを取り替えています。

 

あんどん行燈

お店の前に置くと目立ちます。
サイズ
155mm x 150mm x 300mm

シェード内の電球スペース
62mm x 62mm x 260mm

材質
PLA樹脂 白

E26口径のLED電球をおすすめします。

ご注文

 

積層型3Dプリンタ出力

本サイトでは、3Dプリンタ出力を使った商品の作成方法を説明しています。

積層型3Dプリンタ

ケーキ作りに使うホイップクリーム袋の先のようなものから、220℃に熱して溶かしたPLA樹脂をホイップしていく感じでものを作っていきます。 X軸、Y軸、Z軸、ホイップを押し出す、の4つのサーボモータで位置を変えて、どれだけの量のホイップを出すか、引っ込めるか、止めるかを指示したデータ(GCODE)に沿って印刷されます。

 

はじめるにあたって

まずは、3D 造形物のデータ(拡張子STLまたはOBJ) のお気に入りを探してきます。それを当方に送付して、3D出力サービス100gをご注文ください。空いていれば2-3日後に、ヤマト宅急便で届きます。それを手にしたときちょっと感動します。

  1g - 100g --> 1000円(税込)
101g - 200g --> 2000円(税込)

1出力毎に費用がかかります、小さいものでしたら同時出力可能です

出力サービスのご注文

 

Fusion360をインストール

オリジナルの造形物に挑戦しましょう。丸書いて、引き伸ばしを実行すると、円柱が出来上がります。
ほかに、SketchUp、DesignSpark を試しましたが、わかりやすさからいくとAutoDesk系がよいように思います。Mac対応されてます。

工業製品の電子部品などは、DesignSpark の中に取り込まれておりすべてSTLデータが公開されているので利用価値があります。こんなものがほしいなというときは手書きのスケッチと寸法を書いて
3Dデータ作成サービスをご利用ください。

データ作成サービスのご注文

 

3D出力サービスの次にくるもの

何度か、3D出力サービスを利用すると、3Dプリンタが手元にほしいものですがメンテナンス、修理が好きではない人が購入することはお勧めいたしません。

 

 

 

ひつじのコピー

奈良一刀彫のおきもの

ひつじを3DスキャンしてSTLファイルを作成し3Dプリントしています。

大きさの倍率(X軸、Y軸、Z軸)を変えることもできますが、等倍が一番かわいくできます。

お気に入りのおきものを、このように複製してみてはいかがでしょうか。

 

ランプシェード据置型

回りにあみめ模様がくっきりと浮かび上がります。

ご注文

 

Cafe TANNE

ならまちのカフェタンネは森の中のカフェをイメージしています。